対象者限定!アンケ回答者全員に5000円ギフト券

チャイルドシートはいつからいつまで?着用義務と法律違反の罰則

チャイルドシートはいつからいつまで?

まーさ

子供が何歳までなら、抱っこしたまま車に乗れるの?首すわり前は、チャイルドシートに乗せられないんでしょ?

こんな質問をする人は、赤ちゃんや子供を車に乗せるルールを根本的に勘違いしてます。

赤ちゃんや子供を車に乗せるルールは、道路交通法で定められています。新生児でも、車に乗せるときの法律を守らないと道路交通法違反になってしまいます。

シートベルトを着用できない乳幼児は親の責任でチャイルドシートに座らせて、危険から身を守らなければいけません。

そこで今回は、赤ちゃんや子供のチャイルドシートの着用義務の詳細、チャイルドシートの法律違反でどんな罰則を受けるかについてお話します。

チャイルドシート着用義務は何歳から?

まーさ

まだ首がすわっていない赤ちゃんは、チャイルドシートよりもママが抱っこした方が安全!

そんなイメージを持っている人もいますよね。ただ警察庁によると、チャイルドシートの使用・未使用を比べると、乳幼児の死亡率は20倍以上違います(死亡重症率は6倍ほど)。

チャイルドシート使用者率及び致死率

チャイルドシート関連統計|警察庁

自動車同乗中(6歳未満幼児)のチャイルドシート使用有無別致死率

もしものときに身を守る シートベルトとチャイルドシート:政府広報オンライン

そのため2000年4月の道路交通法改正で、以下の通り新生児のチャイルドシートの着用は義務化(道路交通法第71条の3第3項)されました。

自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。

道路交通法,(略)道交法

チャイルドシート着用の対象は幼児までです。つまり、6歳未満の乳幼児を車に乗せる場合は、基本的にチャイルドシートの着用が義務となります。

チャイルドシートの着用義務違反

まーさ

チャイルドシートに座らせないとどんな罰則があるの?

チャイルドシート違反の罰則・罰金

6歳未満の子供にチャイルドシートを着用させないと、運転者の道路交通法違反です。罰金はありませんが、違反点数が1点加算されます。

当然「ちょっとそこまで……。」もチャイルドシート着用は義務ですし、「まだ、赤ちゃんが小さいので……。」という言い訳は通用しません。

6歳以降のチャイルドシート

チャイルドシートは、安全のために着用するものです。そのため法律上は6歳未満の着用義務ですが、普通のシートベルトを着用できるまではジュニアシートに座らせましょう。

大人用のシートベルトは身長140㎝以上を対象に設計されてるので、身長140cm未満の子供がシートベルトをすると首が締まったり、内蔵を圧迫して危険です。

Q&A|シートベルトが命を守る

身長140cmは男女とも10-11歳ごろ。子供の安全を守るには「6歳だしもうチャイルドシートいらない。」と思わずに、身長で判断してチャイルドシートを使いましょう。

日本小児科学会の見解

日本小児科学会では、車内での子供の安全を守るためには、体重36kgまではジュニアシートを着用すべきと提言しています。体重36kgは10-11歳の平均です。

ハーネス(チャイルドシート内蔵ベルト)仕様のチャイルドシートは,後向き―セミ・リクライニングは体重 10kg,前向きでは 18kg まで使用できる.ハーネス仕様でないチャイルドシートは体重 36kg まで使用できる.体重 36kg を超えた子供は車についている大人用シートベルトを使う.
このように,子供の成長段階に合わせたチャイルドシートを使用する必要があるが,法律の要点を誤解し,6 歳になれば大人用のシートベルトが使えると勘違いする保護者も多い.しかしこれは誤りであり,体重 36kg までの子供は適切なチャイルドシートを使用すべきである.簡単なブースターシートを使うだけでも効果は得られる.

提言 車での安全な移動について―子供の場合|日本小児科学会雑誌 第112巻 第 6 号

ブースターシートとは、背もたれがないジュニアシートのこと

チャイルドシート未使用の事故でどうなる?

まーさ

うーん、言ってることはわかるけど、ママがしっかり抱っこしてる方が安全な気もする……。

首がすわっていない赤ちゃんをチャイルドシートに乗せると不安を感じるかもしれませんが、どれだけ赤ちゃんを安全に抱っこしていても事故の衝撃は想像以上です。

たとえば、時速60kmで走っている車が衝突事故を起こした場合、高さ14mのビルから落ちたときと同程度の衝撃を受けます。

事故の衝撃でフロントガラスや窓ガラスが割れ、赤ちゃんが車外に放り出されて、地面やガードレールに身体を叩きつけられたり、後続車両に轢かれる危険性があります。

もし赤ちゃんが放り出されなかったとしても、ママの体が前に投げ出されれば、赤ちゃんが座席とママに挟まれて圧死する可能性もあります。14mのビルと同程度なので……。

以前は「赤ちゃんをベルトで締め付けるなんてかわいそう!」ということで、乳児のチャイルドシート着用には賛否がありました。

ただチャイルドシート未着用の方が20倍以上死亡率が高いことは事実です。

そのためママは子供が小さいほど、チャイルドシートに座ってないリスクが高いことを認識しないとダメなんです。

チャイルドシート着用義務が免除される場合

まーさ

うちの子、足から腰にかけてギプスつけてるからチャイルドシートつけられないんだけど……。

やむを得ずチャイルドシートを着用できないなど、以下の理由で着用免除の場合があります。もちろん子供が嫌がって泣いただけでは、特別な理由にはなりません。

授乳やおむつ替えをする場合

運転中に運転者以外の人が授乳やおむつ替えで、チャイルドシートを外さなければお世話ができない場合は、一時的にチャイルドシートの着用義務が免除されます。

もちろん、なるべく車を停止してからの方が良いですよ。

病気やケガで着用に適さない場合

病気やケガの子供を病院に運ぶ場合、ケガの箇所がチャイルドシートの着用に適さない、チャイルドシート着用で健康を妨げる場合は着用義務が免除されます。

また通常の移動でも、慢性的に重度の皮膚疾患などを持っている子供はチャイルドシート着用が適さないと判断される場合もあります。

肥満でチャイルドシートが合わない場合

子供がチャイルドシートの体重制限をオーバーしていれば、着用義務は免除されます。

ベビーシート、チャイルドシートの対象乳幼児は体重制限が18-20kg程度、ジュニアシートは体重制限が36kgまでとなっています。

公共交通機関を利用する場合

公共のバスやタクシーを利用する場合は、チャイルドシートの着用は免除されます。

「タクシーに乗りたいけど、チャイルドシートないと心配……。」という人には、子供の送迎に特化した「キッズタクシー」などのサービスを提供するタクシー会社もあります。

何らかの緊急性が高い場合

緊急性が高いケガで救急外来に連れて行く場合、迷子など人の子を保護して交番に連れて行く場合など緊急性が高いときはチャイルドシートの着用義務が免除されます。

2500g未満の低体重児の場合

チャイルドシート対象体重は2500g以上です。低体重児のチャイルドシート着用は場合によって呼吸障害を起こす可能性があるため、まず医師の指示に従ってください。

チャイルドシートの着用指導マニュアル|内閣府

赤ちゃん用のチャイルドシートとは?

まーさ

て赤ちゃんと子供が使うチャイルドシートっていっしょなの?

2000年以前は、生後9-10ヶ月ごろまでは抱っこやクーファンで車に乗せ、その後チャイルドシートに乗せるママが多かったんですが、現在は法律違反です。

チャイルドシートはある程度の年齢、身長、体重で以下の種類に分かれます。新生児はベビーシートを使います。

乳児用のベビーシート

  • 使用年齢目安|新生児から1歳ごろ
  • 使用体重目安|13kg未満
  • 使用身長目安|70cm以下
幼児用のチャイルドシート

  • 使用年齢目安|生後9-10ヶ月から4歳ごろ
  • 使用体重目安|9kg-18kg未満
  • 使用身長目安|65cm-100cm以下
学童用のジュニアシート

  • 使用年齢目安|4歳から6-10歳まで
  • 使用体重目安|15kg-36kg未満
  • 使用身長目安|140cm未満

以下のようにベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートを兼用できるチャイルドシートもあります(最大10年ほど使える)。

チャイルドシートの種類で対象年齢が違うため、赤ちゃん・子供の安全に最大限の配慮をしつつ賢く選びましょう。チャイルドシートの選び方は以下を参考にしてください。

チャイルドシートは命を守る道具

チャイルドシートに座らせた子供が泣く「かわいそう。」と思うかもしれません。ただ子供をチャイルドシートに載せないのは、安全を考えればもっとかわいそうです。

まーさ

チャイルドシート着用しないとどんな罰則があるの?

と気にする気持ちはわかりますが、車のルールは安全を守るために最低限行うことなので、チャイルドシートの着用義務は親として守って当然です。

チャイルドシートを嫌がるのは、赤ちゃんだけじゃないです。普段は聞き分けが良い4-5歳児も、車に乗るとテンションが上がって立ち上がる子はたくさんいます。

そのため、わたしも何度雷を落としたか数え切れません。赤ちゃんのころから心を鬼にして、チャイルドシートに座らせる習慣をつけないと後から苦労します……(-_-;)

またチャイルドシートは適当に取り付けて、適当に使ってはいけません。正しい使い方をしないと、より危険になることも以下で確認して、覚えておいてください。